オープンカーと暮らす

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RUSH


Category: 雑記   Tags: ---
小学6年生の時、初めて日本でF1が開催されました。
当時「サーキットの狼」でスーパーカーに夢中でしたが、市販車とは全くデザインの違うF1は興味の対象外。
ただ自動車レースというものには興味があって、それなりに放送を楽しみにしておりました。
しかしGPシリーズの最終戦という位置づけのレースだとかいった背景には全く無頓着だったので、
いきなり連続ドラマの最終回を見せられてるような気分になった事を覚えています。

その年のF1を代表する二人のドライバーに焦点をあてたノンフィクション映画「RUSH」が公開されるとのこと。
RUSH2.jpg

今ではすっかりF1にはまってしまっている自分にとって、当然見逃せない作品です。
さっそく見に行ってきました(といっても2週間前の8日の話です)

この映画を見て改めて思うのは、なんともドラマチックなシリーズだったんだなぁ、と言うこと。
とてもノンフィクションとは思えないドラマチックなエピソードのオンパレード。
そら映画化されるわなぁ、と納得の展開でした。

当時ラウダが雨中のレースは危険と判断して自らリタイアし、Jハントが3位に入って逆転の総合王者になった事は覚えていたのですが、ラウダが棄権した理由があのニュルブリンクでの事故にあったとは、この映画を見るまでは知りませんでした。実に深い話です。そして3位に入ったハントのレース展開も「こんなんだった?」と思うことばかり。
当時すべての状況を把握して見ていたら、どんなに興奮する展開だったのかと思うと残念でなりません。

映画のクライマックスの舞台となるのは、最終戦の富士スピードウェイでの日本GPというのも、日本人にとってはありがたい話です。画面を良く見てると、当時の日本車があちこちに映ってるのも嬉しくなります。トヨタのクルマが目立つのは、舞台が富士スピ-ドウェイならではなんでしょうね。

とにかく当時を中途半端に知る者としては、新しい発見と、知らなかった事実に興奮し、記憶に残るエピソードに懐かしさを感じる事ができた映画でした。もちろん映画自体もしっかりとした脚本と映像で、単なるノンフィクション映画に終わっていない素晴らしい出来栄えです。

そしてJハントがすでにこの世にいないという事実と、ラウダが今もF1の世界に関わって生きているという事実が、なおさらこの映画のバックボーンを太くしているように思いました。

などと映画評論家みたいな事を書いてしまいました(^^;
でも本当にお勧めの映画です。
ラウダハント

スポンサーサイト

オープンカー三車三様


Category: 雑記   Tags: ---
ミッドシップ! 

2シーター!!

オープン!!!


この3つのキーワード、麻薬のように引き寄せられます。
そんな魅力的なキーワードを引っさげてHONDAさんがやってくれました。


01_l.jpg
ビートの後継車、「S660」。
プロトタイプのショーモデルとはいえ、スタイリングもなかなかチャーミング。


21_l.jpg
コクピットもスポーツカーらしい包まれ感があっていい感じ。


35_l.jpg
収納されるルーフはハードトップなのか幌なのか。小さく畳めるならハードトップがいいな。


「S660」というネーミングとビートの後継車という事から軽規格なんでしょうね。
ところが価格は200万円+αという噂(新聞情報)。
この値段にオプション付けて行ったら、乗り出し価格は余裕で250万円越えるんでしょうなぁ。
個人的には軽自動車にとてもそんな金額支払う気持ちにはなれません。
というかそもそも軽にする必要性があるんだろうか。
無理やり軽サイズで収めなくても、「S1500」のネーミングを付けれるくらいのエンジン載っけて
それに見合うサイズで設計する方がよほど魅力的なクルマに仕上がるんではなかろうか。
もちろんお値段はそのままで。
軽でも小型車でもパーツのコストはそれほど変わんないと思うので。


あっ、そうなるとこっちともろ競合車になっちゃいますかね。
ND.jpg
ロードスターND!!
NCのエクステリアパーツで偽装されててまだ全体像は見えませんが、開発も佳境といったところでしょうか。RHTのルーフトップの一部が格納時にトノカバーを兼ねるような情報もチラホラ。
これで「S660」と大きく変わらない価格設定なら、断然魅力的です。




海の向こうイギリスでは、660ccのエンジンを積んだこんな車が発売間近のようです。

seven-165-00.jpg
ケータハムからセブンのエントリー用モデル「セブン165」(イギリスでは160)が出ました。

セブン1
ジムニーのエンジンを載っけてエントリーモデルとしているようです。


そしてお値段がヨーロッパで330万円、イギリス国内でさえ265万円。


設定販売台数がかなり違うんでしょうが、それでもこの価格をみると、「S660」が安く思えてきます。
車体構成パーツなんて「S660」に比べたら半分くらいに見えるんですが(^_^;)
というかコペンが安かったのかな(笑)。

次の愛車を小出ししてみる


Category: 雑記   Tags: ---
ロドが去って1週間が過ぎました。
ですがまだ我が家のガレージは空っぽのまま。
というのも
納車延期(;▽;)
になってしまったからであります。



延期になった理由に多少納得いかないトコもありますが、どうする事もできないんで諦めました。
現在予定されている納車予定日は28日。
本当は納車されましたブログを書きたかったんですが、仕方ないので次のクルマがどんな車種かを紹介したいと思います。

知らない振りして読んでくださいね。
何度もいいますが、誰かがミスリードして違う話になってるといけないので(笑)

さて次のクルマですが
①新車ではありません
つまり中古ってことですが、新車じゃない理由は・・・・・・、まぁいろいろあります(^_^;)
これも何かの縁ですから。


②ブログタイトルは変えません
「オープンカーと暮らす」のままです。
屋根の開くクルマからは離れられませんから。


③二人しか乗れません
やっぱり2シータのクルマはかっこいい!!


④ミッドシップです
重量配分が優れてるとか、回頭性がよくなるとか、そんな事どうでもいいんです。
スーパーカー世代の私にとって、座席の真後ろにエンジンがあるというだけで萌えるんです。

・・・・・でもビートや、MR-S(懐かしい!)、NSX(タルガトップがありましたね)ではありません。
というのも

⑤国産車ではありません
人生初の外車です。ちなみに国籍はドイツ。
ドイツのクルマでミッドシップオープンといえば、もうお分かりですよね。

次の相棒は・・・・













こいつです!!

ポルシェ1

あっ、上の画像はウチにやってくるクルマじゃないですよ。
適当な写真がなかったのでネットから拾いました。
というのも現車をこの目で確認できないまま購入しちゃったんですよね~。
ちなみにボディカラーはシルバーじゃなくて黒です。

一応購入したクルマのテールランプ画像だけが何故かあるのでそちらも載せておきますね。



ポルシェ2

このクルマが我が家にやってくるらしいです。
色が違うとずいぶん違うクルマに見えますね(๑≧౪≦)


<独り言のつぶやき> 似たようなクルマを見誤ってしまう事ってよくあると思う

3月は別れの季節


Category: 雑記   Tags: ---
ここしばらく気になるCMがありました。
「乗ってないバイクでも4月になると1年分の税金がかかります」
とかいうアレです。

我が家には「アドレス100」というスクータがあります。
知人から譲り受けてからすでに14年。
今ではブレーキはヘロヘロ、エンジンはメロメロ。
乗っても楽しくないばかりか危険にさえ思うような状態となってました。
さらに昨年11月に足を骨折してからは、寒いし怖いしでとても乗る気になれず、ガレージの中でロドのドアを開閉する時の障害物でしかなくなってました。

これはもう所有してても意味がないなぁ、という事で、電話してみたわけですよ。
例のCMの会社に。

対応してくれたのは、丁寧な口調のオペレータのお兄さん(お姉さんじゃなかった事に若干の落胆を・・・)。
その結果、出張査定の日として指定されたのがなんと3月30日の夜9時。
そんなんで3月中の売却はとても無理、税金かかってまうやん!と言ったところ、3月中に契約が成立した場合、税金の支払いは売却先のその会社が負担してくれるんですね。
まぁそれならエエか、と思い、とりあえず査定を受けてみる事にしました。

で、約束の時間きっかりに査定員がやってきて30分ばかり色々調べてくれました。
その間色々話をしてたんですが、印象に残ったのが話のひとつがこれ

アドレス100 ①

後輪が泥除けの真ん中より少し左側に寄っているのが判るでしょうか?
これ、エンジンマウントがずれてしまってるのが原因なんだそうです。
長く乗ってるスクーターは大体こういう状態になってしまってるらしいですが、問題なのはこれは基本的に直せないという事。
そしてもっと問題なのは、この状態のバイクには買い取り価格が付かないという事実。

そうなんです。
査定の結果は(ほぼ)予想通り0円。
そんな事は予想されてたので雑談中に「廃車費用とられるぐらいなら売らん」と最初から釘をさしていたんですが・・・・。
それでも(やっぱり)廃車費用に5000円かかるとの事。
そこで色々交渉した結果、「パーツ取り車として引き取るんで2000円だけ負担してください」との提案を受けました。
それでも「引き取ってもらうのに金払うくらいなら乗り続ける」と譲らなかったんですが、
相手も手ぶらで帰るのだけは避けたい様子。
仕方ないというか可愛そうになってきたので、
「じゃぁ1000円だけ負担します。それで決めましょう」と言うと、なんとか納得してくれました。

そしてアドレスはトラックに載せられて、我が家から去っていきました。

アドレス100②

最後は邪魔な存在になってしまったけど、いなくなる時はやっぱりちょっとセンチな気持ちになりますね。

04 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

03

05


 
プロフィール

カッツン。

Author:カッツン。
日常備忘録

 
 
 
 
 
 
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
74529位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16262位
アクセスランキングを見る>>
 
FC2カウンター
 
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。