オープンカーと暮らす

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マフラーカッター到着&装着 part2


Category: ボクスター   Tags: ---
さて、さっそくガレージで作業開始。まぁマフラーカッターの交換ですからね、なんとかなるでしょ。
という事で、ジャッキアップせずに始めます。というか、そもそもウマ自体持ってない(笑)
プロフ用


この通り手持ちの17mmレンチで十分間に合いそう。
02_20131108210203ebb.jpg


純正マフラーとサイズもパイプ径もぴったり。これは楽勝の予感♪
03作業1


純正側のボルトは何故か15mmでした。
ボルトを緩めたら、後はマフラーを左右にずらして片側を抜けば外れるはず。
うんこらせ、とゴリゴリマフラーを右側にずらして左側から抜いてみます。

04作業2


・・・・・が、あれれ?

全く抜けません(。-∀-)

ここで気持ちを落ち着けてじっくり眺めてみます。

う~ん、左右のパイプはかなり深く繋がってますねぇ。
これはどう見ても片側のマフラーを外さないとダメそうな雰囲気。
単なるマフラーテールの交換にえらく手間をかけさせる構造です。

どうするか考えること数十秒。
そして・・・・・・









06作業3
30分後にはNCを購入したマツダDラーにやってきていたのでした(^_^;)
いつも私の我儘な無理難題を聞いてくれるサービスのNさんに作業をお願いします。



そして数十分後、かまぼこは無事取り外され、立派な2本出しとなったマフラーテール。
やっぱりこれでしょ!
08_20131108210210523.jpg



ただ判ってた事ではありますが、ちょっとはみ出ます。
一応車検用にカマボコは残しといた方が良さそうですね。
09マフラー飛び出し

テーマ : カスタム    ジャンル : 車・バイク

マフラカッター到着&装着 part1


Category: ボクスター   Tags: ---
ボクスターを購入して1ヶ月が過ぎたある日、
ふと思いました。
そういえばまだ何にも弄ってないなぁ、と。
契約から購入までに4ヶ月かかった前愛車NC。
納車後はそれまでの脳内妄想が爆発して、すごい勢いであちこち弄り倒してたのとエライ違いです。
ボクスターの時は購入を考えてから納車まで1ヶ月。
脳内妄想を起こす間もなく手元に来たこともあり、当初は車に慣れる事で手一杯だったのが理由の一つ。
それと過去最高額を記録した購入金額と、納車直後のタイヤのパンク騒ぎで思わぬ出費を強いられ、
すっかり心理的な財布の紐が固く結ばれてしまったのが二つ目の理由です。
それでもコーティングや幌の防水加工も終わり、ぼちぼちドレスアップの事も考えるようになりました。



という訳で、手始めにお手軽なトコから始めてみる事にしました。
それはボクスターのアイデンティティともいえるあの部分。
01純正マフラー

カマボコマフラー!!
カマボコ


なんなんですかね、このデザイン。
きっとオプションのスポーツマフラーを買わせようとする、ポルシェの魂胆に違いありません。

スポーツカーのマフラーのテールエンドは「ハス切り」「肉薄」の「円形タイプ」
それに左右日本出汁2本出しと決まってるんです。
981ボクスターにはまだ左右振り分けのマフラーは出てないようですが、
とにかくこのカマボコをなんとかしなければならんと、交換することにしました。
そこでオプションのスポーツマフラーやボクスターSのマフラーなんかを検討したのですが、
カマボコのためだけにマフラー全体を交換するのはもったいない。


で、なんかないかと汎用品で探していて見つけたのがこれ
987用のパーツですが、調べてみたところ981にも装着できるようです。
値段もマフラー全体を交換するより安くてすむし、交換もカッター部分だけなので簡単そう。


そこで早速注文してみました。
直後に自動配信で注文確認メールが届いたのですが
メール

お金は後払いなのか?先に品物が届くのか?いや、倒産か?
などとアホな想像が頭をよぎりましたが、今時そんな事はないやろ、という事で、
一応支払い方法をメールで尋ねてみました。

すると翌日、今度は自動配信ではない振込口座が書かれたメールが返信されてきました。
とりあえず倒産はしてないようですが、なんかこのゆる~い感じがどうも胡散臭い。
まぁでも実際に装着されてる方もいるようなので、とりあえず振り込んでみました。

ところが今度は相手からの振込確認メールが届きません。
半泣きになりながらまた振込んだ旨のメールを送ってみます。

するとその翌日、配送の確認番号が書かれたメールが届きました。
調べてみると、ちゃんとその配送会社のサイトもあり、一応確認することもできます。
発送状況
どうやら台湾からやってくるようですね。

そしてその翌日、パーツが届いて一安心したのでした。
02マフラー02
肉薄ではないですが、なかなかええ感じです。

で、次は交換作業ですが、まぁ楽勝でしょう、
・・・・・・という事で続く。

転がる水玉


Category: ボクスター   Tags: ---
先日ボクスターをコーティングしました。
これでボディの雨対策はOKですが、今回はMR-S以来の幌車ということで、久々に幌の防水加工をしました。

01_20131102205945861.jpg
今回準備した防水加工グッズ。
左からモータウンのソフトトップ用UVカットシャンプー、同じくモータウンの防水材ハイパーウォータープルーフ、そして適当な霧吹きです。



03_2013110220594812d.jpg
まずはクルマと体のマスキングから。
昔何も考えないで、マスキングせずにMR-Sの幌に防水材を塗りこんでたらオイルが垂れてきて、
大変なことになった過去の体験から学習しております(笑)。



02_201311022059472f4.jpg

準備できたら防水材を霧吹きでプシュプシュやります。
直接塗るとどうしても塗りムラができて残念な結果になりませんか?
そこでちょっと調べてみると、この霧吹きを使うやり方が見つかりました。
で、実際やってみるとこれは本当にスグレモノ。
まんべんなくふりかけてからウエスで塗り広げると、塗りムラもなくしっとりと綺麗な幌が出来上がります。自分も成長したなぁという自己満足感が溢れてきました。(笑)
自信を得たので、乾燥させてからさらにもう一度塗り込みます。




04_20131102205950dd5.jpg
作業終了後のお約束の防水実験。
実に見事なコロコロ転がる水玉が出来上がりました(^O^)。
これで雨の日の出動も安心。
頑張って今日仕上げることができて良かったです。




05-1.jpg
なぜなら明日の「ぽか~んの集い」はいつもの如くの
「ぽか~ん天候」になりそうなんですね。

 

ボクスター全開


Category: ボクスター   Tags: ---
①
台風も過ぎ去り晴れ渡った秋晴れの下、龍神スカイラインを走ってきました。
ここは道幅も広く舗装も綺麗で、気持ち良いコーナーと景色が連続する大好きなコース。
ボクスターを手に入れてから、ここを走るのを楽しみにしていたんです。


②
ですが、高野山に入るルートを間違えました。
最悪の酷道R370に入ってしまうという大失態。
ここは以前一度通ってとんでもない道だと思っていたのですが、すっかり忘れていました。


③
折しも台風が過ぎ去って2日目というタイミング。
舗装されていない箇所は折れた枝や、転がってきた岩があちこちに転がり、
タイヤとボディーを傷めないか気になってなりません。
さらに深く掘られた穴や轍が次々と襲いかかってきます。


④
舗装されたところも油断できません。
離合不可能な道幅が延々と続き、しかもそこにはガードレールがありません。
道の横には水かさが増した川が流れてます。
このルートを選んでしまった事を心から後悔しつつ、跳ね上げた泥水で黒い車体を白く汚していきながらなんとか通過。
明日からコーティングに出す予定でなければ、心が折れていたところでした。

⑤
ようやく龍神スカイラインまでたどり着きました。
体は険道の通過でヘロヘロになってしまいましたが、それだけ開放感も増し増しです。


①PAMS
今回龍神にきたのにはドライブ以外に目的がありました。
ボクスターに装備されてるオプションシステムのいくつかを試してみたかったんです。
まずこちらのPAMSシステム
ポルシェの公式サイトには「路面状況やドライビングスタイルに応じて、各ダンパーの減衰力を無段階にアクティブ調節します」とあります。
見た目に拘り、車の挙動にはあまり興味のない自分が選ぶようなシステムでは無いのですが、
まるでF1のアクティブサスペンションのようなシステムが気になり、
このオプションが装着されてるという事で選んだのが今の車なんです。
そんな拘りの装備にも関わらず、納車直後、このスイッチの意味がわからなかったというのは過去の話(笑)。

スポーツとノーマル、二つのモードがあるのですが、まずはノーマルモードのまま走り出します。

・・・・・・・ん~、いまいち違いが判りません。
注意深く気にしながら走ってみますが、コーナーの入りで若干ダンパーの減衰力が固くなっているようないないような・・・・。
まぁ、ちょっと予想してましたが、ノーマルモードではこんなもんですかね(^_^;)

それにしてもボクスターのハンドリングは本当に素晴らしいです。
実に素直なニュートラルステアで切り込んだ分だけ素直に曲がってくれます。
自分の走るペースくらいならアンダーなんて出ません。
軽くブレーキング゙しながらステアリングを切り込むようなコーナーなんか最高。
腕前が上がったような錯覚に囚われます。

次にスポーツモードですが・・・・・
・・・・・・試すの忘れてました( ̄▽ ̄)
次のシステムのことばかり頭にあったもので(笑)。


②スポーツプラス
え~、そんな訳でスポーツプラスモードです。
「エンジン・マネージメントシステムはいっそうアグレッシブな制御マップを適用します」と書かれていますが、まぁ要はアクセル開度に対してのガソリン流入量をノーマル時より増やしてるようです。
それ以外にもPDK仕様車ではドライブモード時のシフトアップポイントが高回転側になり、シフトダウンのタイミングが早くなるという事なので試してみました。

・・・・・おおおっ、これは実に分かりやすい。ノーマルモードと全然違います。
普通AT(ポルシェではPDK)の場合、ワインディングを走るのを楽しみたい時は、マニュアルモードを使います。
ドライブモードのままだとシフトチェンジのタイミングが遅れるので嫌なんですね。
でもスポーツプラスモードにしておくとシフトチェンジの遅れが気になりません。
そしてアクセルを踏み込むとまるで馬力がUPしたかのような加速が楽しめます。
この時自動的にPASMもONになり、さらに減衰力を固めに変化させるらしいのですが・・・・・、
う~んまぁ効いてるのかな、効いてるんでしょう!
そういう事にしておきます(笑)。


⑥
等など、色々ボクスターに装備されてる小ワザを効かせながら、走り込んできました。
いや~、楽しいですね!。龍神スカイラインも最高!。


⑦
今日来てみるまで全く気づいて無かったのですが、高野山は今が紅葉の見頃なのでした。
どおりで途中けっこう渋滞してたわけです。


⑧
紅葉を知らないままやってきたので、なんか得した気分。


⑨
今年最初の紅葉と、ボクスターの走りを楽しめた1日でした

ボクスター狂想曲


Category: ボクスター   Tags: ---
ボクスターが納車されて約1ヶ月。
精神的にも肉体的にも少々持て余し気味でございます。
コンビニやスーパーへのお買い物にはとても使う気にはなれません。
ですが、まぁまぁ馴染んできたところもありますので、じっくり慣れていきたいと思います。

さて、今回の内容ですが、かなりグチが入ってます。
なのでUPするかどうか少々悩みましたが、まぁこんな事もあるんだよ、みたいな感じで
ひとつのブログネタとして書いてみる事にしました。
ご了承下さい。

さて今回中古車で購入する事を決めたワケですが、
実車を自分の目で確認できないのはやはり抵抗がありました。
ネットで見つけただけなので、見た目に分かるのはボディカラーが黒なんだぁ、という事ぐらい。
細かいオプションの有無は電話で確認しましたが、やはり心配は残ります。

もしかしたらこのサイト、詐欺かもしれんという疑惑が頭から離れず、
お金をネットで振り込む時、最後の「はい」がなかなか押せなかったりするわけです。
支払いが終了してしばらくは、その販売店のサイトが突然表示されなくなったりしないかと
意味もなく何度もアクセスしておりました(^_^;)

他には981に見えるけどもしかしたら旧型の967型やったらどうしようとか。
(サイトには型番までは記入されていません。判断材料は年式と写真だけ)
なので何度も981の画像とその販売店の写真を見比べてました。
まぁ普通間違うことはないんですが、一応電話で確認してみたり。
心配性なんです(笑)。

細かいところでは
予想外にひどいキズがあったらどうしよう
とか、
走らせて壊れてるとこがあったらどうしよう、等など。

色々心配してたので我が家にボクスターを載せたトラックが到着した時は
クルマを眺めて大きなキズが無いことを確認して一安心。
エンジンがかかる事でふた安心。
走り始めてようやく嬉しさがこみ上げてきたのでした。



・・・・・・が、やはりというかなんというか、
納車1週間後にこんな作業をしなければならないハメになるとは・・・・
01.jpg
実は納車当日は気がつかなかった
恐ろしい不具合があったのです。


こちらの画像をご覧下さい。
02_20131023205217913.jpg

右フロントタイヤに大きな傷があります。
納車当日は気づかなかったのですが、翌日友人が発見してくれました。

驚きましたが、納車前にすでについていた傷なのか判りません。
ただこれだけの傷なので、納車後自分が運転してつけたのであれば、
いくら鈍感とはいえさすがに気づくやろ、と思いその場で販売店の担当者に連絡しました。

知りません、とか言われたらどうしようと思ってましたが

「はい、傷があるのは知ってましたよ

と、なんとものんびりした口調で正直な返答が返ってきました。
どうしてこんなタイヤのまま販売したのか聞いてみると

大丈夫と判断しましたので」

と、これまた呑気な返事。

納車直前にポルシェの正規ディラーで1年点検を受けていたことを思い出し、
そのディーラの連絡先と整備した担当者の名前を聞いて今度はそちらに確認してみました。

そしたら
「はい、傷があるのは知ってましたよ
大丈夫と判断しましたので」

と全く同じ返事をされてしまいました。


そこで素直で性格の良いワタクシは考えたワケです。

プロが二人も大丈夫と判断したんだから、見た目よりひどくないのかもしれない。
このタイヤ、絶対高いに決まってるし。
それにどうせしばらくしたらホイールとタイヤ交換する予定だしなぁ。

という思考プロセスの結果、素直で性格の良い(バカな)ワタクシは、
じゃぁ大丈夫なのかな?と考えそのまま電話を切りました。
一言この傷のコト、納車前に言ってくれればなぁ、とは思いましたが・・・・・。

で、とある改造のために(ドレスアップでもメカチューンでもありません)
入庫した整備工場から出来上がりの連絡をうけ行ってみたところ

「ブリスターさん、このタイヤパンクしてるんですが」と言われ見てみると・・・・・。

こんな事になってました。
比較のために右後のタイヤの画像も載せておきます。

03-1.jpg

04-1.jpg
傷のついていた右前のタイヤの方がひしゃげてます(T ^ T)
で、傷口からはシューシューと空気の漏れる嫌な音が聞こえてきてました。

どうも正規の空気圧にすると空気が漏れ出し、
ある程度空気が抜けて空気圧が下がると一旦抜けはおさまるという状態でした。

で、そこから販売店とのバトルが始まるわけですが、結果として、
この傷のついたタイヤを販売店に買い取ってもらうという事で話を終わりにすることにしました。
話し合いの内容や買取金額に関しては割愛します。


この販売店の名称、点検したDラー店舗名や整備担当者の実名はブログでは伏せておきますが、
(同じような形でクルマを購入するので心配だから教えて欲しいという人は個人的に教えますので)

お前らのとこでは二度と買わん!!


今回の教訓。

中古車を購入するときは必ず実車を確認しよう。
確認する時はボディやエンジンだけでなく、タイヤもみよう。

高速道路走行中にバーストしなくて良かったです。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04

06


 
プロフィール

カッツン。

Author:カッツン。
日常備忘録

 
 
 
 
 
 
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
35264位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10397位
アクセスランキングを見る>>
 
FC2カウンター
 
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
 
検索フォーム
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
QRコード
QRコード
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。